マンション管理

【マンション管理の救世主】管理計画認定制度で得られるメリット11

マンション管理計画認定制度が各自治体で始まっています。マンション管理においては確認しておいた方が良いテーマであり、クリアすればマンション価値や住民の質の向上にも寄与します。今回は22年11月より開始された横浜市の例を挙げてメリット等説明します。
マンション管理

「負動産」は西高東低で、空き家は2038年に3割だそうです

空き家で価値のない不動産である、「負動産」が増え続け、2038年には住戸の3分の1が該当するそうです。将来の人口に見合わない新築増、さらに空き家が放置されていることなど様々な要因が重なってですが、3軒に1軒が空き家の状態は近くに住んでて怖いですね。
マンション管理

横浜に存在するビンテージビルやマンション③階段状のルネ上星川ほか

ビンテージマンションとして有名な秀和レジデンスについて取り上げています。殆どが都内の23区内に固まっていますが、青い屋根とザラザラした壁面が特徴的なあのマンションです。また、斜面上に建っているルネ上星川はゴンドラの様なエレベーター付きです。
ファイナンシャルプラン

アガルートアカデミーのCFP®資格コラムに代表の執筆記事が掲載されました

人気の資格通信講座、アガルートアカデミーさんの難関ファイナンシャルプランナー資格CFP®関連記事において、受験における攻略方法について解説させて頂きました。
マンション管理

湯沢町のリゾートマンション事例から、将来のマンション管理を考える

湯沢町のリゾートマンション事例を確認したところ、管理上の課題において通常住むマンションの管理にも通じる課題があると感じます。管理組合として予め手を打つべき対応策としてどのようなことが考えられるのか、紹介します。
マンション管理

管理組合と自治会・町内会の各役割と関わりをわかりやすく解説

管理組合と自治会・町内会は似て非なる団体です。管理組合は区分所有者が強制加入の団体に対して、自治会・町内会は任意の加入でも問題ありません。これらの関係について、管理組合が自治会に団体加入した判例も踏まえて在り方や連携の重要性を紹介します。
マンション管理

マンション管理の未来を変える!外部(第三者)管理者方式を徹底解説

外部管理者方式(第三者管理者方式)は全面的に外部管理者に任せることがフォーカスされがちですが、管理組合で引き続き主要な役割を担いながら、部分的に外部の専門家に部分的に任せる方法もあります。導入のメリット、デメリットも踏まえ検討することが重要です。
マンション管理

横浜に存在するビンテージビルやマンション②伊勢佐木不二家は解体へ

横浜にはまだまだ現役のビンテージビル・マンションが残っています。今回紹介する不二家横浜センター店は戦火を潜り抜けて今尚現役のアントニン・レーモンドの作です。防火帯建築で有名な、原三渓の次男原良三郎が建てた弁三ビルもまだまだ現役です。
マンション管理

近い将来、新設住宅着工戸数は大きく減少し、既存住宅の活用が重視される時代へ

NRIの新設住宅着工予想より、将来的には人口減も相まって新設住宅が減り、既存住宅が増えていく構造になります。そのような環境の中でマンションは簡単に壊せない訳で、マンション管理の方法としてあるべき姿についても考えていく必要が出て来るでしょう。
マンション管理

横浜に存在するビンテージビルやマンション①【ドラマロケ場所も】

横浜にはビンテージビルやマンションが数多く存在します。ビルで言えば戦前~戦後にかけて、1960年代ぐらいまでのものは明らかに該当します。またマンションも1980年代ぐらいまでのものはビンテージといえるでしょう。
タイトルとURLをコピーしました