2024-07

マンション管理

マンション管理組合向け!防災・管理に役立つ名簿作成・利用術

マンション管理組合においては、誰の持ち物なのかという区分所有者名簿に加え、誰が住んでいるのかという居住者名簿を備えておく必要があります。災害対策や総会準備等に活用できますが、個人情報保護に則って適切な管理が必要となります。
マンション管理

宅配ボックスOK?置き配NG?マンション管理組合の最新事情と対策

物流機能がひっ迫している環境において、管理組合としては置き配や宅配ボックスのニーズが高まっています。物流に配慮しながら、置き配や宅配ボックスを賢く活用するために、それぞれのメリットやデメリット、またルール策定や設置対策等も紹介します。
マンション管理

管理会社との管理委託契約は複数年契約OK?自動更新はNG?

管理会社と締結する管理委託契約において、複数年契約や自動更新は可能なのでしょうか?また、同一の条件や不利な条件についても、国土交通省が定める標準管理委託契約書を確認しつつ、各根拠法についても触れながら紹介します。
マンション管理

【マンション管理組合必見】火災保険料高騰の現状と3つの有効な対策

マンション共用部分の火災保険が年々上がっているのを実感していらっしゃる管理組合も多いかと思います。最近の災害によるものを背景として、保険会社が上げざるを得ない状況にあります。そのような中で管理組合としてどのように対応すればよいのか、紹介します。
マンション管理

修繕積立金ガイドライン改訂による積立金引上げの考え方【要確認】

国土交通省より、修繕積立金ガイドラインの一部改訂がされ、具体的な金額の引上げ(値上げ)幅も提示されています。今回は国交省が示す引上げ幅の計算方法を紹介するとともに、筆者が考える管理組合としての引上げ対策も紹介します。
マンション管理

マンション管理組合必見!修繕積立金不足を防ぐための3つのポイント

将来の大規模修繕工事に備えるための修繕積立金が不足している管理組合が非常に多くなっています。長期修繕計画を適切に立案し、そこから必要な修繕積立金を割り出すことで、今後の積立額を明確化するとともに、修繕積立金の値上げ等の判断を行うことも必要となります。
マンション管理

管理組合総会における普通決議と特別決議の違いとは?【詳しく解説】

総会において普通決議と特別決議の各議案があります。普通決議は出席者の過半数決議ですが、特別決議は議決権と区分所有者数の各4分の3以上による可決であり、よりハードルが上がります。そのため、管理組合として予め準備しておいた方が良いことも多々発生します。
マンション管理

管理会社における利益相反取引の類型は?【管理組合は要注意】

管理組合の利益を損ない、関係者が利益を得ることとなる利益相反取引は、管理組合内だけでなく管理会社側にも発生します。利益相反取引はNGではないものの、一定の手続きを経て透明性、公平性、合理性をもって決めていくことが重要です。
マンション管理

管理組合における利益相反取引の類型とは【マンション管理士が解説】

マンション管理組合において、利益相反取引が発生する場合があります。必ずしもNGではないですが、発生しそうな場合にはどのような対応を取ればよいのか、問題点や対策について、財務経理にも詳しいマンション管理士が解説します。
マンション管理

マンションにおける外部管理者方式等に関するガイドラインについて

国土交通省はマンション管理組合において、理事会や理事長等の管理組合運営を管理会社等の外部に任せる外部管理者方式について、ガイドラインを令和6年6月に改訂しました。管理組合として注意すべき事項についてマンション管理士が具体的に解説します。
タイトルとURLをコピーしました