マンション管理

マンション管理

第三者管理者方式 利益相反取引類型を検討【マン管新聞23105】

マンション管理新聞のピックアップとして、23年11月5日第1252号で気になった点を紹介します。
マンション管理

横浜市内における管理計画認定マンションの特徴とは【是非学びたい】

管理計画認定制度により認定されたマンションには、一定の基準をクリアするための取り組みを行ってきています。管理組合や理事会の意識が高い点がありますが、制度に限らず継続的に管理の適正化に向けて長年動いているのも特徴です。具体的に横浜市における認定パターンについて紹介します。
マンション管理

将来的に有望なマンション管理士試験とは【難易度や合格率など】

マンション管理士になるためには、国家資格である試験に合格して登録する必要があります。合格率は一桁台の一定の難易度を伴う資格ですが、今後のマンションの高経年化や住民の高齢化等、社会問題となっているマンション管理においては、一定のニーズが出て来る有望資格であると考えられます。
マンション管理

【高経年マンションは要確認】窓ガラス・窓サッシ交換対応のポイント

多くの高経年マンションにおいては、窓ガラス・窓サッシの交換のタイミングが来ていることでしょう。交換工事には足場が必要な場合も考えられることから、大規模修繕工事のタイミングに合わせて実施することが必要です。また修繕積立金や長期修繕計画等、計画的に検討する必要があるでしょう。
マンション管理

【将来のマンションはどうなる】今後のマンション政策のあり方まとめ

国土交通省が提示している、今後のマンション政策のあり方から、将来的なマンションの管理に非常に重要な観点を抜き出して、国土交通省の図表入りで紹介します。マンションと居住者の2つの老いの進行や、非居住化、大規模化、修繕積立金の将来の不足等、課題事項への対策が急務となっています。
マンション管理

第三者管理者方式の現状からメリットやリスクを確認【日経記事から】

マンションによっては、管理会社の提案により理事会方式ではない第三者管理者方式を採用する機会も多くなっています。日経の記事から、考えられる第三者管理方式のメリットやリスクを確認しながら、マンションとして取るべき対策を考える必要があります。
マンション管理

マンション標準管理委託契約書改訂で『カスハラ』がクローズアップ

国土交通省より管理組合と管理会社の間での契約書のひな形であるマンション標準管理委託契約書の改訂が行われたと発表があり、マンション管理新聞でも掲載されました。世の中事情を反映した「カスタマーハラスメント」(カスハラ)が取り上げられており、管理組合にも配慮が必要になってきそうです。
マンション管理

横浜市と周辺の斜行エレベーター付きマンション【地下室マンション】

横浜市は7割以上が丘陵地・台地になっていることから、斜面上にマンションを建てる必要性があります。その際には、エレベーターが斜めに上がっていく、比較的珍しい斜行エレベーターが必要です。そのようなマンションを今回は横浜市内を中心に取り上げます。
マンション管理

マンション管理適正評価制度の評価状況(マンション管理新聞)

マンション管理新聞より、マンション管理適正評価制度の記事を取り上げました。評価マンションの状況とともに、自治体が実施する管理計画認定制度の取得状況と、そこに満たないマンションも3割強あるという点が挙げられていましたので、マンション管理士として見解を記載します。
マンション管理

【マンション管理士推奨】マンション管理に役立つおすすめ書籍10冊

分譲マンションの理事会や修繕委員会、そして管理組合としてが是非確認したい書籍を10冊取り上げて紹介します。マンション管理士である筆者もすべてに目を通して、作者の意向等を踏まえながら書籍の解説をしています。おすすめ度、難易度でも評価しているので、マンション管理の参考にして下さい。
タイトルとURLをコピーしました